ロングセラーの視力回復方法  >> HOME

■ 視力回復に効果あり!口コミ人気ランキング


1位 【 川村博士の視力回復法”ジニアスeye" 】

・ロングセラーには訳がある!14日間で0.3を1.2にする方法とは?!
 今もっとも人気の視力回復プログラムです♪
・あの任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な視力回復の第一人
 者が手術を一切しないで、視力を回復させる方法を大公開!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆       >>詳細を見てみる

2位 【 1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法 】

・あの卓球の愛ちゃんも取り入れている最新手法が2位に!
・1日13分、たった2ヶ月で視力をアップさせる方法です。
・6年間で987人の子供の視力を0.8以上回復させた実績あり♪
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

3位 【 楽々!視力アップマニュアル&トレーニングキット 】

・視力アップする為の原理原則がマスターできます!
・特に、お子さんの近視に悩むご両親の方から非常に高い人気。
・トレーニングキットがついているのも嬉しいですね。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる


■  日本人は目が悪い!?



ひと昔前までは、近視や乱視を矯正するには、メガネやコンタクトレンズしかありませんでした。コンタクトレンズがこれほど普及したのもつい最近といって良いでしょう。ところが最近は、矯正ではなく、視力そのものを回復させる方法もあるようです。しかし、そもそも「目が良い」とはいったいどのくらいの視力を言うのでしょう。

これは民族によってかなり差があります。日本人をはじめとする、先進国の標準的な視力は、1.0〜1.5くらいだと言われています。しかし、途上国の人たちは、2.0くらいはあたりまえ、中には4.0、5.0といった日本人には考えられない視力を持つ人も大勢います。かつて、ギニア出身のタレントが、日本にきてから近視になって、1.2になってしまったが、来日当初は6.0の視力であったというのは有名な話です。しかも、6.0でも故郷では近視といわれていたそうですから、さらに驚きです。このように見ると、元来日本人は、世界的には「目が悪い」民族なのかもしれません。

これは、民族的な遺伝要素だけでなく、生活習慣の違いが大きく影響してます。狩猟民族であれば、遠くを見る必要性から視力は高い方がいいでしょう。しかし、私たち日本人のような農耕民族には、視力はそれほど必要なかったのかも知れません。さらに昨今の急速な近代化によって、テレビやパソコン画面など、近くのものばかりを見る生活スタイルから、日本人の視力はさらに悪くなりました。そういう意味では近視は文明病とも言えるかもしれません。

当サイトでは視力回復方法についての基礎知識をご解説しております。また現在人気の、自宅でできる視力回復方法につきましてもランキング形式でご紹介しておりますので、ご参考にして頂けたらと思います。

人気NO.1!!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 食べ物で視力回復
★ 視力回復方法@
★ 移植型コンタクト
★ レーシック手術

■ 視力関係最新ニュース