FXの利回り 〜FXの利益構成〜



 FXの利回り 〜FXの2つの収益源〜



外貨預金とFXの違いは理解頂けたでしょうか。

今後は外貨預金をしている人もFXに資産を移される

方が多くなるのではないかと思います。


FXにおいて利益となりうるのは売買差益とスワップ

金利です。売買差益とは120円でドルを1万通貨保有

して130万円で売却したときに発生する10万円の利益

などです。一方のスワップ金利とはFXでは金利が

日割り計算されて毎日入金されますのでその金額に

なります。


為替差益については例えば120円で買って130円で

売っても利益になりますが、120円で売って110円で

買い戻しても利益になります。このように下がると

思った時に売りからも参戦できるのがFXと外貨預金

の違いでもありあます。


スワップ金利については各国の政策金利に基づいて

一日あたりの金額が算出され配当されます。ですから

例えば高金利のNZドルやオーストラリアドルなどを

取引すればNZなら金利が8%ほどありますので3%の

ドルよりも高いスワップが手に入ります。

ともあれスワップは毎日安定的な収入があるという

ことになります。

 FXの利回り 〜スワップ金利の魅力〜


昨今、個人投資家にFXが非常に人気が高まっている背景には

スワップ金利の高さがあります。

スワップ金利とは二国間の金利差を持って発生するもので

例えば低金利の日本円を高金利のNZドルにすると年間で

金利差の8.25%−0.50%=7.75%ほどの金利がもらえます。

これは為替レートに関係なく安定的に発生するものです。

しかもFXの場合はこの年間の7.75%という金利をさらに

日割り計算して毎日もらえます。

つまり外貨建ての資産を持つだけで毎日必ずお小遣い的に

スワップポイントが入ってくるのです。

例えば2008年1月時点で私の推奨する業者ではNZドルの

スワップ金利は1NZドルあたり150円ほどになります。

FXは最低で10万円ほどから始められますので10万円の

資金を元手に毎日安定収入が入るようになるのです!

これがFXの人気の理由です!




利回りの基礎を学びたい方は

金利の基礎を学びたい方は


金利の変動要因を学びたい方は


預貯金の利回りを学びたい方は


株式の利回りを学びたい方は


投資信託の利回りを学びたい方は


FXの利回りを学びたい方は


債券の利回りを学びたい方は


不動産投資の利回りを学びたい方は