FXの利回り 〜外貨預金とFXの違い〜



 FXの利回り 〜外貨預金は辞めなさい!〜



外貨投資と言えば銀行の外貨預金が有名です。

大きな銀行が提供しているサービスだからと

いって安心してはいけません。実は外貨預金

は最近個人投資家に人気のFXに比べて非常に

手数料が高い商品なのです。


まず外貨預金を考えてみます。ドル円の実勢

レートが120円だとすると銀行にはTTSとTTB

というレートがあります。この場合だとTTS=121円、

TTB=119円になります。ではTTS、TTBとは何か

というとTTSはドルを買う値段、TTBはドルを

売る値段になります。つまりドルを買ってすぐ

売れば2円分は手数料としてかかるということです。

約1.6%ほどの手数料率になります。

これに対しFXはどうかというとセントラル短資

のレートでは120円でドルを買える(TTS=120円)

状況でドルの売りの値段は119.95円(=TTB)です。

つまり売買手数料がわずか5銭しかかからないのです。


外貨預金では2円(つまり200銭)もかかっていた

ので手数料が40倍も違うことになります。



 FXの利回り 〜外貨預金をする投資家の背景〜


上記の解説でわかるように手数料を見ると外貨預金

に比べてFXの方が圧倒的に優位性があります。


ではなぜ同じドルを買うのに手数料が40倍も高い

銀行の外貨預金に入金する人がいるのかというと

理由は2つ考えられます。

1つはFX自体の知名度が低く外貨預金しか知らない人

が多いということです。

もう1つは銀行の信用力の高さです。一昔前は小さな

FX業者が顧客資産ほ返還できないという報道もあった

ため信用リスクを考え銀行を選ぶ方もいました。


しかし昨今は金融庁の厳しい監督下のもとで自己

資本規制比率の最低ラインの導入など様々な信用

基準が設けられ、万一の業者倒産時の信託保全も

ほとんどの業者で完備され、投資家にとって業者の

信用リスクは非常に軽減したのが現実です。


私が数あるFX業者の中で最も信頼度が高いと考える

のは信託保全完備で顧客資産管理の点において業界

NO1の呼び声が高いコチラの業者です。

2007年には大阪証券取引所に上場しています。




利回りの基礎を学びたい方は

金利の基礎を学びたい方は


金利の変動要因を学びたい方は


預貯金の利回りを学びたい方は


株式の利回りを学びたい方は


投資信託の利回りを学びたい方は


FXの利回りを学びたい方は


債券の利回りを学びたい方は


不動産投資の利回りを学びたい方は