投資信託の利回り 〜投資信託の利回り計算〜



 投資信託の利回り 〜投資信託にかかるコスト〜



投資信託の利回りを考えるにあたり投資信託の

取引にかかるコストを考えてみます。

コストとして挙げられるのは、信託報酬、販売手数料

、税金などがあります。


信託報酬とは実際にファンドマネージャーが運用を

始めたら発生する運用報酬です。これは運用成績が

プラスでもマイナスでも発生します。

1%弱の信託手数料が設定されているものが多いです。


販売手数料はその名前の通り販売者へ支払う手数料です。

手数料は購入金額の2%の設定のなっており100万円の

運用を始めた場合は最初に2万円の販売手数料が差し引

かれます。


税金はいざファンドマネージャーの運用が終了した後の

収益分配金に係る税金です。収益分配金は株式と同じく

キャピタルゲインとインカムゲインがあります。


例えば100口100万円で購入した投信が130万円になれば

30万円の売却益がでます。これはキャピタルゲインです。

一方で売却益とは別に分配金が出ることがあります。これは

株でいうと配当金にあたりインカムゲインになります。


これらを合わせた収益分配金に10%の税金がかかります。

これも投資信託のコストの1つです。






 投資信託の利回り 〜投資信託購入の注意点〜


上記の解説でわかるように投資信託には運用者や

販売者などへ支払う様々な手数料が存在します。

投資信託の場合はこれらの複数のコストがかかるため

当初の資金に対してマイナスからスタートします。

100万円に対して2万円の販売手数料が差し引かれ

そこからさらに定期的な信託報酬が差し引かれ、

儲かっても税金を持って行かれ・・・

何かと引かれるものが多いのが投資信託です。


ですから銀行や証券会社のパンフレットなどで

「金利7%のn投資信託!」などと表記があった場合も

手数料や税金などをすべて考慮した実質利回りを

考えて購入を検討しましょう。




利回りの基礎を学びたい方は

金利の基礎を学びたい方は


金利の変動要因を学びたい方は


預貯金の利回りを学びたい方は


株式の利回りを学びたい方は


投資信託の利回りを学びたい方は


FXの利回りを学びたい方は


債券の利回りを学びたい方は


不動産投資の利回りを学びたい方は