投資信託の利回り 〜投資信託の仕組み〜



 投資信託の利回り 〜投資信託とは何か〜


投資信託とは複数の投資家の出資を合算して

投資のプロに実際の運用は委託する金融商品です。


なぜ少額の資金を合算して大きな資金にする必要が

あるかというと例えば1人につうき1万円ずつ1万人から

集めれば総額は1億円になります。


1人の1万円の資金では例えば数十万円の銀行株など

は買えないので事実上分散投資をするのは不可能で

すが1億円の資金があれば複数の企業の株式や債券、

外貨などに分散投資がか可能なのです。


つまり少額資金でも効率のよい分散投資を行える仕組み

が投資信託なのです。




 投資信託の利回り 〜投資信託のステークホルダー〜


投資信託の販売から運用、管理・保管はそれぞれ専門の

会社が役割を分担しています。まず投資家が投資信託を

購入するのが販売会社です。

以前は証券会社の窓口でしか購入できませんでしたが

1998年からは銀行窓口での販売も可能になりました。

投資家は投資信託を購入することで投資信託受益証券

という有価証券を受け取ることから受益者とも呼ばれます。


続いて投資家が預けたお金は信託銀行において保管・管理

されます。投資家から預かった資産を受託することから受託者

と呼ばれることもあります。


そして保管されている資産の運用を指図するのが投資信託

委託会社(運用会社)になります運用会社は投資家からの

資産の運用を委託されていることから「委託者」とも呼ばれます。


このように投資信託は投資家である受益者、運用を委託され

ている委託者、投資家の資産管理を行う受託者と販売会社の

4者によって構成されています。




利回りの基礎を学びたい方は

金利の基礎を学びたい方は


金利の変動要因を学びたい方は


預貯金の利回りを学びたい方は


株式の利回りを学びたい方は


投資信託の利回りを学びたい方は


FXの利回りを学びたい方は


債券の利回りを学びたい方は


不動産投資の利回りを学びたい方は