金利の変動要因 〜金利と景気〜



 金利の変動要因 〜個人と企業と景況観〜


金利と景気は密接に関係しています。

そもそも景気がいいとはどういう状況かというと経済活動が

活発化している状態のことです。個人で言うとモノをよく買う時、

企業でいうと新規の設備投資などを積極的に行う時です。


個人を考えてみると景気がいい時は企業からの給与の上昇

などを受け消費が活発になります。個人消費の中で金額的

に大きな割合を占める住宅や車なども売れます。

これらの高額な商品の購入に際しては多くの人がローンを組み

ます。銀行などでローンを組む人が増えるということは需給の

関係を考えると需要の方が大きい状況ですので金利は上昇します。

個人の預金を考えてみても消費が活発であれば銀行口座から

お金をおろす人が増えるので銀行は多くの預金を集めるために

金利を上げる必要が出てきます。


企業の場合だと景気が良くてモノが売れるようになるとモノをたくさん

製造し販売するようになります。そのための新規の設備投資などを行え

ば資金が必要になり借入需要が発生し金利は上昇します。


 金利の変動要因 〜金利と景気循環〜


景気には景気循環という言葉があるように好景気と不景気を繰り

返します。景気の上下を左右するものに日銀の政策金利があります。


日銀は時々の景気情勢を見ながら政策金利を調節します。

例えば企業の投資や個人の消費が落ち込み不景気の時は金利を

下げます。これは金利を下げることで企業からすると設備投資などの

ために借り入れがしやすくなり、個人から見ると金利の低下は預金へ

のモチベーション低下につながり個人消費の拡大につながります。


逆に金利を上げると企業の借入需要は低下し個人マネーも預金に

偏りがちになり消費の減退に繋がります。




ただ実際の企業の設備投資などを考えるとわかりますが金利が下がったら

即設備投資をするという企業ばかりではなく、一回金利が下がったらもう

少し金利が下がるまで待とうと考える経営者もいるので金利低下→景気回復

とすぐに反応するわけではないのも事実です。




利回りの基礎を学びたい方は

金利の基礎を学びたい方は


金利の変動要因を学びたい方は


預貯金の利回りを学びたい方は


株式の利回りを学びたい方は


投資信託の利回りを学びたい方は


FXの利回りを学びたい方は


債券の利回りを学びたい方は


不動産投資の利回りを学びたい方は